2008年11月28日

雪の中のツリーハウス

11月後半の3連休は、平日に雪が降り積もった直後の週末となりました。
081122_1432~0001.jpg


豊科ICを降りたときまでは、路面が濡れている程度で、雪のかけらもありませんでした。
安曇野を進んでいくと、窓越しに見える里山が雪化粧と紅葉のラインがきれいに引かれていました。 しかし、大町に近づくにつれ、紅葉のラインが徐々に細くなり・・・

大町に入ると、田んぼにはまだ雪が残っていました。

そして、もりくらに近づいていくと、急速に雪が深くなり、大町ダムの下にあるもりくらの入り口に入ると、いきなり雪道となっていました。

おかげで、見れないと思っていた木になるハウスのこんなにきれいな雪景色を見ることができました。
081122_1021~0001.jpg


作業は、ついに屋根の最上部のアクリル板を張る作業をすべて終えることができました。
2日目からは壁の下の部分にコンパネ(ベニア板)を貼る作業を行い、だいぶ強度が出てきたと、池ちゃんから心強い言葉をもらって3日目を終了しました。

今回、BBQのコンロを使って、木になるハウスの上ではじめて焚き火をして、お湯を沸かしてコーヒーやスープを飲んだり、おにぎりを焼いたり、芋をふかしたりと、あたたかい昼食を取ることに成功しました。

明日からは、冬篭りに向けた最後の準備です。
屋根にルーフィング材を貼り、壁にかすがいを入れる作業が中心です。

081122_1156~0002.jpg

081122_1438~0001.jpg
posted by かねさん at 11:42| Comment(22) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

屋根作りで難航


3連休、北アルプスの山々はすっかり雪に覆われていました。
その手前の山は、紅葉。 とてもすばらしい光景でした。

081101_1235~0002.jpg

ツリーハウス作りの方は、せっかく20人近くのメンバーが3連休に集まったのに、屋根の骨組すら完成できませんでした。

屋根の骨組みを作るチームと壁を作るチームとの間のコミュニケーションがきちんと取れてなかったこと、
壁を作るチームがすべての壁をイメージせずに作業を進めたこと、
屋根を作るチームが後工程をイメージせずに足場を崩してしまったこと
等が原因で、3日目の午前中の作業のほとんどが2日間の作業のやり直しに費やされました。

俺自身が、階段作りに夢中になっていたのが悪かったです。
生まれて初めてチェーンソーを使って丸太を切断するのに夢中になったのもあります。

ちゃんと全体を見ていればよかったです。

それにしても、屋根の作業は困難極まります。 3次元カットを現場合わせで作るというのは、測りようがないだけにとても難しいです。
3日目の午後は、地元の大工の池上さんに教わりながら垂木をつけたり、ベニアを貼り付けたりしていきました。


そんなわけで、今週末は、引き続き屋根の作業です。
垂木を付けるチームと、ベニア板を貼るチームに分かれて作業することになります。

余裕があったら、壁を作る作業に入りたいところですが、
それには間柱の位置と高さが正確に決まっていないといけません。
最悪、間柱は窓を意識せずに作り、窓なしの壁を作って冬を向かえる
ことになるかもしれません。

081102_1605~0001.jpg
posted by かねさん at 01:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

ロフト部分に足場を作る

先週末、

外側の柱を立てた後、ロフトとなる部分に足場を作りました。

今回、床から屋根の高さが270cm程になるので、柱を結ぶ大引きを取り付ける作業や、屋根の作業をするのに、いちいち脚立を移動しなくてはならなかったのですが、足場ができたおかげで、脚立を移動しなくて済むようになります。

おかげで、外側の柱を結ぶ大引きは、1時間くらいで完成しました。

081026_1208~0001.jpg

この日は、冒険キッズのグループによる収穫祭があり、日曜日の昼は、そこに混ぜてもらいました。

絞めたばかりの鴨肉を焼いたり煮たり炒めたりしたものをご馳走になったり、新米の炊きたてご飯や、炊きたて玄米飯をご馳走になりました。

明日からまた作業です。 総勢20人くらい集まります。

一気に屋根張りを終わらせたいのですが、どうなるか・・・

posted by かねさん at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

紅葉のきれいな季節になりました

すっかり2回分もブログへの書き込みをサボっていました。

10月に入ってから、公私ともに慌しく・・・(言い訳モード)


10月の3連休と先週末とで、ついに屋根の梁と内柱を建て終えました。

081019_1224~0001.jpg

今週末は、外柱を建てる作業になりそうです。


ここに来て、このままだと雪が降るまでに建て終わるのが、かなり困難なことが見えてきました。

ロフトを作るために90cmも高さをアップしているため、屋根の作業にかなり時間がかかるのです。 何をするにも脚立を移動しないといけないのです。

朝重さんと打ち合わせをした結果、外柱を建て終えたら、中2階くらいの高さに仮設のロフトを作ることになりそうです。 屋根の上の作業を容易にするためです。


現場はすっかり秋晴れで、枯葉が散りはじめて隙間のできた木々の間に見える青空がとても、すがすがしい気持ちにさせてくれます。
夏の間に苦しめられた雨の日々が嘘のようです。

081019_0933~0002.jpg


高瀬川上流の山の紅葉がピークということで、日曜日は早めに上がって、ドライブしてみました。

081019_1542~0001.jpg

きれいですね。

081019_1604~0002.jpg

木になる森の紅葉は、今週末か来週末でしょうか。

楽しみです。

posted by かねさん at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

いよいよ床の梁上げです!


9月最終週の土日には、何故か20名を超える参加者が、木になる森に集合しました。

人数が多いので、大きく3つに分かれて行動しました。

まずは、先週まで準備をしていた梁を取り付ける作業をするチーム。
これには10人以上で協力しながらやりました。

次に、梁と梁の間を通す補強としての大引きを加工するチーム。

そして、その上に貼り付ける床板と、外側の柱を加工するチーム。




途中、各チームから1人ずつ食事係を選んで、夕食作りを行いました。

で、結果ですが、

梁が全部上がって、大引きも最後の1面を残して終了しました。

ところが・・・2つほど不安な点が残りました。

1 横に揺れる。

梁と頬杖を支える基本軸が、バンドをしっかりと絞めた後でも横にぐらぐら揺れるのです。

原因は、おそらく頬杖を留めるためのボルト用のホゾを開けなかったために、基本軸の板がホストツリーにぴったりと付いていないからのようです。本来は面で支えるべきところが、2点(2本のボルトの頭)でしかとまっていないのです。

これは時間とともにボルトの頭が木に食い込んで馴染んでくるので、そのうち解決するとのことですが、その前に重さに耐えられずに捻じれて壊れるのではないかと、とても不安です。

2 正6角形にならなかった。
大引きを付ける場所が、7cmほど外側にズレてしまったのが原因で、大引きの長さが足りず、最後の1辺の角度が70度(本来は60度)に開いてしまいました。
ちょうど入り口の階段の場所なので、使い勝手は良くなりそうですが、外壁の面積が広がったために、予定外の作業とお金が必要となりそうです。


土曜日の夜は大盛り上がり!

20人もいると夜は盛り上がります。
夕食のメニューは、えにが家から持ってきてくれた大きなかぼちゃをメインにしたスープです。
ともたかが家から持ってきた圧力鍋で、とても美味しくなりました。

次に、ご飯ですが、20合もの米を炊くのは初めてです。
大きな鍋とプロパンガスのコンロを借りて炊きました。
米を水に馴染ませていなかった分、多めに水を入れたつもりなのですが、ちょっと足りなかったみたいです。
しかたないので、炊けた後に水を2号分追加して、再度沸騰させました。
多少底が焦げたのを除けば、まあまあの出来でしたが、強敵に押されて、夜のうちに食べた人はほとんどいませんでした。
20合のご飯は、翌朝・翌昼の雑炊となりました。

ご飯に打ち勝った強敵とは、ピザでした。
マキちゃんが強力粉と薄力粉、そしてイースト菌を使って練り上げて発酵させたピザ生地に、よろちゃんとつやちゃんがトマトやベーコン・ソーセージ、きのこ等を追加して、大きなピザ釜で焼いて食べました。

これがもう美味しいのなんのって♪

満腹になった後のデザートは星空でした。
毎週のように雨だったので、久々の星空です。

寒いのに、みんな長い間空を見上げていました。
さらに、外で寝た人達も・・・

せっかくロッジを借りたのにね。

10月に入って急激に冷え込んできました。
この週末は、10月中旬の気温だったようです。
最低気温は3度くらい。

そろそろ、防寒対策をしっかりとしておく必要がありそうです。

posted by かねさん at 00:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

基本軸受けの取り付け

9月20日〜23日の4日間、再び木になる森での作業です。

20日は、けんけん、智子、やま、かねさん、megでが集合。

午前中は、先週部品を揃え、1本だけ組み立てた基本軸受け(床の柱=梁と支柱を支えるところ)の残り5本を組み立てました。

そして午後には、デッキの床板を打ち付けました。
080920_1306~0002.jpg


他の4人が床板の打ちつけをやっている間に、俺はデッキの隣にカマドを作ってみました。 使えるようになるのは、もう少し先かな。
080920_1358~0001.jpg


夕食は、山梨名物のほうとうにチャレンジ。 やまは焚き火と飯盒炊飯にチャレンジし、見事に美味しいご飯を炊き上げてくれました。
080920_1945~0001.jpg

食後にやまがビンを焚き火にかざして日本酒を温めながら飲んでました。
080920_2012~0002.jpg

20日夜は、すごい雨が降りました。


21日は、晴れの予報がいきなり雨。

それでも懲りずに、基本軸受けを取り付けに行きました。
これは高いところの作業なのと、木の表面がゴツゴツしているために、なかなか思うように均等な間隔を開けてセットアップすることができず、1時間以上の時間をかけてようやく取り付けることができました。
080921_1612~0001.jpg


午後、ゴルフで長野まで来ていたT'sの中牧さんが智子を迎えに訪れました。 美味しいおやき付きです!

この季節、きのこがたくさん生えています。 そのうち食べれるきのこを朝重さんがとってきて、昨日のほうとうの残りに足してきのこ鍋を食しました。


22日の朝、朝食のバリエーションが増えました。
トライポッドに網を置いて、その上でトーストサンドイッチを焼いてみたら、非常に美味しくできたのです。
080922_0750~0002.jpg

この日の午前中は、サポとなる単管パイプの寸法を測りに木になる森に行きました。
そのときに、とてもショックなことが判明したのです。
苦労して取り付けた基本軸受けですが、取り付けたボルトが短過ぎて、丸太の支柱を貫くには不十分な長さだったのです。

急遽朝重さんが、長めのボルトを入手してくれました。 そして午後に、基本軸受けを一旦外して再度取り付けました。 この作業をしたのは、朝重さん、やま、なべちゃんの3人。 この間、megは支柱と梁をつなぐ部分のボルトが届くように足りない長さ分をホゾ開けしてくれました。

一方で、俺は単管パイプをカインズホームまで買いに行きました。 午前中に測った寸法どおりに切ってもらうようにお願いし、切り終わったパイプを軽トラを借りて運びました。

megは夕方には帰ってしまったので、この日の夜は男3人。
しかし、この夜は、ラプター(以前泊まらしてもらったツリーハウスです)の社長が来ていたのです。
夕食の後、ラプターの社長達と朝重さんと、いろんなお話ができました。 
木になるハウスプロジェクトの今後の可能性が広がってきました。 そういう意味で、いままでになく貴重な夜でした。

23日の朝食は、中牧さんにいただいたおやきの残りをアルミホイルに包んで焚き火で焼いたり、21日に残した冷えたご飯をホウ葉に載せて暖めたりして、残り物を平らげました。
080923_0846~0001.jpg

この日は、今週末の作業の段取りと、その前準備をしました。
具体的には、
・梁と支柱を支えるために接合部を両側から挟む補強板の作成
・補強版を丸太に取り付けやすいように接合部にある節を削る作業
・梁に柱を立てるにあたって羽子板ボルトをつけるための穴を前日に開けたのですが、そのボルトが丸太を貫けていなかったので、それを補うためのホゾ穴開け
の3つです。

途中、冒険キッズの子供が遊びに来たので、やまが持ってきたハンモック椅子を勧めたら、とても夢中になって遊んでいたのが印象的でした。






さて、いよいよ今週末は、基本軸である梁を上げる作業です。
25人も集まるので、かなり段取りが必要です。

東京でも、数人が集まって、この段取りについて話し合ってくれていました。

今年中にツリーハウスを完成させられるかどうかは、この週末にかかっていると言えます。

がんばるぞー!
posted by かねさん at 12:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

床の柱と支柱の準備

9月13日

朝:いきなりの雨。

7月の下見に一緒に行ったJunさんと、初参加のりょうこさん、りさ、そして、ともたか、あやっぺ、俺の6人が集合。
柱の支柱に開ける穴の位置を決めるために、ホストツリーの寸法を測りに行く。

まず、床の高さの東西南北の4箇所に赤いテープで印を付け、次に6角形の角にあたる部分の6箇所に黄色いテープで記しをつけた。

北、北東、南東、南、南西、南東の方角に床を支える柱が来る。 その方向に北を1として、時計回りに2〜6と番号をつけて、それぞれの方向の傾き具合を測定した。

そして、北−南、北東−南西、南東−北西の3箇所の直径を測定。
080914_1054~0001.jpg

途中、えにが合流した。その後、4人だけ残って材料を置いているエリアのタープを拡張した。

11時頃、けんけんとテルが合流した。


午後、いよいよ柱をバンドで支える部分と、床を支える柱、さらにその支柱を加工する作業に入った。(基本軸組みというらしい)

柱をバンドで支える部分の完成形はこれ。
080915_1535~0001.jpg

はじめは4mの角材を半分に切り、端の2箇所にドリルで穴を開け、ノミでホゾを開けた。 

一方、床を支える柱とその支柱は、地元のヒノキの丸太を加工する作業だ。 60度の角度を付けて端を切るところから始めた。 太い丸太を角度を付けて正確に切るのは一苦労だ。 切り口が平らになるように注意深く切らなくてはならない。
080913_1642~0001.jpg

力技と耐久力、繊細さと集中力が必要とされる。
残り1本を残して時間切れ。

テントを張り、ブルーシートでタープを張ってから、いつもの温泉に行って、買出しをして、キャンプをした。

タープの張り方だけど、さすがに毎週雨が続くと、学習してきた。 短時間でうまく張ることができるようになった。

以前買って車に積みっぱなしだった焚き火用の三脚をはじめて利用した。 おかげで焚き火でご飯を炊いたり、鍋料理ができるようになった。
080913_2159~0001.jpg


14日
朝:なべちゃんが合流。 晴れたので参加者全員で地鎮祭を行った。

その後、3人だけ残って、先週やりのこした仮設デッキの仮止めを行った。 丸太を組んだ上にデッキを載せたものの、平行にするために、板切れをはさんだだけだった。 このままだと挟んだ板切れが抜けたときに怪我をするので、板切れを丸太に打ち込み、デッキがずれないようにしたのだ。

他のメンバーは、昨日の作業の続きをしに、太陽の広場に移動。


午前:床の柱と支柱を削る作業
ヒノキの丸太の加工については、前日の午前中に測定した傾きや直径に合わせて1本ずつ違う位置に記しを付けて、ホゾを作った。

ホゾは、電動丸ノコで細かい切り目を入れてから、ノミで一気に打ち抜くのが効率的だ。

もう一方のチームは、ベニアを切るなど、細かいパーツの加工をした。

この日からお昼は前夜に買ったカップラーメンになった。 いちいち買出しに行かないで済むので、作業にかける時間が確保できる。

午後:
直径13.5mmの穴を20cm以上の長さで開ける必要があったのだが、そこまで長いドリルの刃が無かったので、ひとりで豊科のカインズホームまで買出しに行った。
けんけん、りょうこさん、テルとは、ここでお別れしました。

買出しから戻ると、すでに作業は終了していて、そのまま温泉に直行した。


15日
午前:丸太に長い穴を開ける作業をした。こちらはドリルのおかげで昼前には作業が終了。

一方、柱をバンドで支える部分の細かい部品の最終化も行った。 ここでハプニングが発生した。 丸太を支えるボルトの位置と、バンドを巻く位置が重なってしまって、このままだとバンドが巻けないことがわかったのだ。
しかたなくバンドを巻く位置をずらすため、ベニアに開けたバンドを通すための穴を広げて対処した。

この作業は、夕方まで続いた。 こっちの方が早く終わると思ったが、意外に時間がかかった。

最後は組み立てを残すのみ。 来週来る人達への説明を楽にするために、1つだけ組み立てたのがこの写真。
080915_1535~0002.jpg

来週の作業は、天気次第ですが・・・
 1 残りの5組を組み立てる。
 2 仮設デッキの床張り。
 3 1で組み立てたパーツをベルトでホストツリーに取り付ける。
 4 ヒノキの丸太を木になる森に運ぶ。
 5 インディアンティピーの柱に防腐剤を塗る。
 6 床の張りや屋根の材料を作り始める等、来週以降の
   作業のための準備をする。


今回は、ビデオカメラを持って行き忘れたので写真だけです。
posted by かねさん at 16:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

仮設デッキを作ります

今週は、仮設デッキ作りをしました。

はじめて金槌を持って、作業をしました。
ようやくツリーハウスを建てているという実感が沸いてきます。
まだ仮設デッキですが・・・
みんな、大人になってから初めての釘打ちです。
こんな作業でもかなり楽しかったです。




そうそう、木になる森で尾根沿いを猿の群れが移動していました。
30匹くらいいました。  ボス猿、若手の猿、子連れの母猿、ケツ持ちの強そうな猿という順番で、次々と僕らの目の前を歩いていきました。

080906_1351~0003.jpg

写真だと分かりづらい。
posted by かねさん at 01:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

チェーンソー&ティピー作り&防腐剤

23日(土)は、いきなり雨でした。

そんな中、ともたか、あやっぺ、つやちゃん、たける、なべちゃん、えに、おのうえちゃんと俺の8人が参加しました。たけるとおのうえちゃんは、午後からの参加です。


この日こそは、ツリーハウスの南側の木をあらかじめ切っておく必要がありました。 なので、本来なら雨で濡れている木をチェーンソーで切るのは難しいところを、朝重さんが切ってくれました。



森の中で木を切るのって、思った以上に大変なんですね。

他の木が邪魔して倒れてくれないのです。

全部で5本くらい切り倒してもらいましたが、まともに倒れたのは初めに切り倒した1本だけでした。
ところが、その木が後で大変なことになりました。

午前中で木を切り倒し、午後はいよいよ仮設デッキの部材に防腐剤を塗る作業に入ろうというところで、先週買ってあった防腐剤を隠してあるブルーシートをめくってみると・・・

見事に倒れた木の下敷きになってました。

一斗缶がぺしゃんこに潰れてました。

重いはずの缶が、軽くなってました。

6800円もしたのに・・・・ 一滴も使わずに消えてしまいました。


予定変更です。 
昼飯を食べて6800円の防腐剤を再購入すべく、カインズホームに行きました。 
ついでに3.6m×5mの白い防炎シートも購入しました。 
ティピー用ですが、雨の中8人が入れるタープにするつもりです。

その後、夕食を買い物して、温泉に入り、出会いの広場に戻りました。

真っ暗な中、タープを張り、夕食を作り・・・

カセットコンロのおかげで、ご飯が炊けました。 朴葉焼きができました。
そして焚き火でポトフを作りました。

大きなタープは8人を濡さずに夕食を楽しませてくれました。


そして翌日・・・

午前中はインディアンティピーに昨日のタープを張りに行きました。

080824_1051~0001.jpg

080824_1056~0002.jpg

080824_1102~0001.jpg

あとタープを一枚張れば完成です!

その前に一回倒して、防腐剤を塗ってから再度建てる必要があるのですが、完成のイメージができただけで大きな収穫です。


午後は、いよいよ仮設デッキの部材に防腐剤を塗る作業をしました。
8人いたので、あっと言う間に終わりました。

その後は、17時までの数時間、現地にお住まいの2人のご家族と朝重さんとで会話を楽しみました。


今週末は、デッキの組み立てです!と言いたいところですが、参加者が少ないので、組み立ての下準備までしかできないかもしれません。

posted by かねさん at 00:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

インディアンティピーを作ろう!

2日目に、ゆかさんとショコラが合流しました。

ツリーハウスを建てる木の南側の木をチェーンソーで切ってもらい、その材木で仮設デッキの脚を作る予定でしたが、前夜に雨が降ったために延期になりました。

雨にぬれるとチェーンソーが入りづらいそうです。

その代わりに、細い木を切って、それを支柱にしたインディアンティピーをみんなで作ることになりました。




一応、支柱の形はできました。 後は布を巻くだけです。
ただ、ホウの木は腐りやすいので、防腐剤を塗ってから組み立てる必要があります。

そのためにも、一度乾燥させたいのですが、そんなタイミングはしばらくないかもしれません。
posted by かねさん at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。